大田区で大活躍中!大田区公式PRキャラクター“はねぴょん”に初インタビュー!!(前編)

昨年、当サイトでは大田区公式PRキャラクター「はねぴょん」に初めてのインタビューを実施しました!

大田区観光PR特使でもあり、区内で大人気のはねぴょん。そんなはねぴょんに、「大田区の魅力は?」「休日は何をしているの?」など色々な質問をしました!

そのインタビュー記事を改めて2回にわたり、お届けします。

まずは前編をご覧ください!

 

—東京大田区蒲田 大田区役所観光課 某日 午前950

指定された時刻に観光課を訪れると、

大田区公式PRキャラクター「はねぴょん」が出迎えてくれた。

 

はねぴょん:取材を受けるのは初めてだから、なんだか緊張しちゃうぴょん。

 

大田区制70周年を機に2017年から活動をスタートさせたはねぴょん。

はねぴょん使命は、日本の玄関口、羽田空港を有する大田区の魅力を世界中の人々にアピールすること。そして、大田区にたくさんの人が訪れてくれるようにすること。

“おかげさまで区内での人気知名度は高まりつつある”のだそうだが、まだまだ世界の道のりは遠い。

早速、用意していた質問をしようと、はねぴょんに視線を向けるが・・・

 

取材班:はねぴょん……

肩から掛けているものは…なんですか?

 

はねぴょん:………!……ちょっ…と…待ってぴょん。

 

から掛けていた、何も描かれていないように見えたタスキ。はねぴょんはそれを慌てて裏返した。

するとそこには「大田区観光PR特使」の文字が。

なかったかのような表情をしているが、言葉通り、本当に緊張していたようだ。

このタスキに書かれているように、はねぴょんは2018年に大田区の観光PR特使に任命されている。

 

取材班:なぜはねぴょんは大田区観光PR特使になったのですか?

 

はねぴょん:はねぴょんは、大田区の魅力を世界中に広げる使命を受けて誕生したんだぴょん。

なぜ、ではなく、なる運命だったはね~。

 

偶然ではなく、必然

ということなのだろう。

今日は、せっかくの機会だ。我々取材班は立て続けに質問をぶつけた

 

取材班:大田区にはどんな想いを抱いていますか?

 

はねぴょん:いつもはねぴょんのことを応援してくれる大田区の皆さんには、言葉では伝えきれないほどの感謝の気持ちでいっぱいはね~。

そんな区民の皆さんのため、大田区のステキなところをもっともっと世界中の人々に伝えていきたいんだぴょん。

 

取材班:では、そんな大田区の魅力ってなんでしょう?

 

はねぴょん:たっくさんありすぎて話しきれないぴょん!

 

はねぴょん:緑いっぱいの公園もあるはね~、歴史のあるお寺や神社もあるはね~

 

はねぴょん:ものづくりの技術は世界的にも有名はね~、商店街もたくさんあるはね〜。

日本の空の玄関口である「羽田空港」もあるはね~

 

はねぴょん:それに……

 

大田区への熱い想いを一気に語るはねぴょん。

このままで時間足りない

と焦る我々の表情を読み取ったのか。

はねぴょん、最後に、と前置きをしたうえで

はねぴょん:それになにより、みんながいつも笑顔で温かく迎えてくれるところだぴょん!

 

続けて、大田区観光PR特使としての活動について、質問してみた

 

取材班:大田区公式PRキャラクター、大田区観光PR特使として、どんな姿を皆さんに見せていきたいですか。

 

はねぴょん:いろんな場所にお出かけして、多くの人に「大田区っていいところだね」「大田区に行ってみたい!」「大田区大好き!!」と言ってもらえるように、PRをがんばる姿を見てもらいたいぴょん。

 

はねぴょん:はねぴょんといえば大田区、大田区といえばはねぴょん、というふうになりたいはね~!

 

大田区観光PR特使として、大田区内外のイベントに積極的に参加してきたはねぴょん。区民の皆様と触れ合う区内のイベントはもちろん、国内最大級のキャライベントである世界キャラクターサミットや交流のあるご当地キャラのお誕生日会まで、その活動範囲は多岐に渡っている。

画像左上:国際都市おおたフェスティバルin羽田

画像右上:はねだハッピーハロウィン

画像左下:世界キャラクターサミットin羽生

画像右下:はすぴぃお誕生日会

 

取材班:大田区公式PRキャラクターや大田区観光PR特使をやっていてよかったと思うことはなんですか?

 

はねぴょん:まちを歩いている時に、まわりの人たちがはねぴょんを見て笑顔になってくれたり、「はねぴょ~ん」と声をかけてくれることだぴょん。

はねぴょん:まちのみなさんとのたっくさんの楽しい思い出がはねぴょんの宝だぴょん!

 

ニコニコと語るはねぴょんからはねぴょんが多くの人に愛されている様子がうかがえた。

しかし最近は、新型コロナウイルス感染症の影響で、多くのイベントが中止または延期を余儀なくされている。

多くのイベントに参加予定だったはねぴょんその影響を大きく受けていた。

 

取材班:最近は、大変な状況でもありますが、今後どのような活動をしていく予定ですか?

 

はねぴょん:今は、みんなに会いに行けないので、SNSなどをもっとやっていきたいと思ってるぴょん。そこでみんなともっともっと仲良くしていきたいぴょん!

Twitter(@hanepyon_ota)や大田区公式YouTube (https://www.youtube.com/user/cityota )ではねぴょん情報や、大田区の魅力いっぱいのスポットを発信していくはね〜。

 

取材班:Twitter見てますよ!とっても愛されてますね

 

はねぴょん:応援してくれる皆さんにほんと感謝はね~。とっても嬉しいぴょん。でもね…

 

と、一旦、はねぴょん

 言葉を区切り、あらためて口を開いた。

 

はねぴょん:“愛される以上に、はねぴょんは、みんなのことを愛している… …ぴょん”

一呼吸置いた“ぴょん”に力強さを感じた瞬間であった。

 

後編へつづく…

 

5月1日配信開始!はねぴょんさんぽ

はねぴょんが区内の観光スポットや商店街などを巡り、地域の方々との交流を深めながら街の魅力を紹介する動画「はねぴょんさんぽ」を配信開始しました!

↓こちらもぜひご覧ください!

大田区探訪「はねぴょんさんぽ」の動画を配信開始しました!