撮る文化湾岸エリア見る

水止舞(厳正寺)

大森東三丁目の厳正寺(ごんしょうじ)では、毎年7月14日に長雨がやむことを願い、獅子舞が奉納されます。

約700年前から現在も続く祭であり、雨乞いの祭は全国各地に残っていますが、雨が止むように祈る祭は、この厳正寺水止舞以外にほとんどないため、全国的にみても珍しい祭です。

祭礼では、まず厳正寺まで2匹の龍神を中心に道行が行われ、わら縄(龍)の中に入った若者はほら貝を吹いて龍の鳴き声を表します。

笛役、ささらを鳴らす花笠や竹筒を地面に打ち付けて進む「警固」の少年たちなどのにぎやかな道行が厳正寺境内に到着すると、舞台に龍をあげ、天に帰ってもらいます。そうすることで雨が止むといわれています。

その後、雨が止んだことを感謝して、雄獅子、雌獅子、中獅子の三匹の獅子による舞が合計6曲、奉納されます。

この祭祀は、東京都の無形民俗文化財に指定されています。

水止舞(厳正寺)

水止舞(厳正寺)

 

日時
7月14日 午後1時から午後3時
場所
大森東三丁目7番27号
アクセス
JR京浜東北線大森駅東口より京急バス「森ヶ崎行き」「大森東五丁目行き」あるいは「羽田車庫行き」で「大森警察」バス停徒歩約5分、京急本線大森町駅徒歩約8分
電話
080-4931-4321(厳正寺水止舞保存協会)
メール
info@mizudome.info
【関連記事】
「おおた商い観光展2018」の様子
おおた商い観光展2019(10/19(土)、20(日)開催)
大田区の特徴ある商店、工芸品や日用品などのものづくりにおいて優れた技術を持つ職人、企業、観光スポットなど、大田…
子ども流鏑馬(六郷神社)
子ども流鏑馬(六郷神社)
六郷神社の流鏑馬は、毎年1月7日に、男子の開運・健康・出世を祈る神事として行われてきました。一般的に、馬に乗っ…
全国鵜の木まつり
全国鵜の木まつり
秋田県や岩手県など、全国にある「鵜の木(鵜木)」という同じ地名を縁に、大田区の鵜の木で物産展など地域交流のイベ…
羽田まつり(羽田神社夏季例大祭)
羽田神社と周辺エリアで行われる夏季大祭。日曜日には、数十基の神輿が街に繰り出し、担ぎ手だけで3千人、3万人を超…
お会式(池上本門寺)
お会式(池上本門寺)
日蓮宗の開祖である日蓮聖人が入滅された10月13日の前々日の11日から3日間、各種法要が行われます。特に、命日…
はしごのり(池上本門寺)
はしごのり(池上本門寺)
毎年2,000名が見学に集まる、大森鳶組合が手掛ける伝統行事。毎年成人の日に池上本門寺の境内にて約6メートルの…