大森・山王エリア巡る文化自然見る

馬込文士村

馬込文士村のはじまり

大正末期から昭和初期にかけて、多くの文士が大田区の馬込や山王の一帯に移り住み、後年、「馬込文士村」と呼ばれるようになりました。
代表的な作家として、尾﨑士郎、宇野千代、川端康成、室生犀星、萩原朔太郎、三好達治、榊山潤、吉田甲子太郎、村岡花子、山本周五郎などがおり、画家では、小林古径、川端龍子、川瀬芭水、また彫刻家の佐藤朝山などがあげられます。

作品に描かれた馬込

馬込に住んだ文士たちは、作品の中に馬込の風景を描写しています。
広津和郎の『昭和初年のインテリ作家』、北原白秋の『きょろろ鶯』をはじめ、多くの作品の中に、馬込の風景が登場しています。
また、馬込を舞台にした作品も生まれています。
尾﨑士郎の『空想部落』、榊山潤『馬込文士村』などは、文士が住んでいた馬込時代の生活を生き生きと描き出しています。
画家も、馬込の田園風景を好んで描きましたが、その好例として、川瀬巴水の代表作「馬込の月」(昭和5年作)をあげることができます。

現在の文士村

現在、文士や画家が過ごした住居やアトリエなどは、一般の住宅となり、作品の中に登場する田園風景もほとんど姿を消しています。
かつて文士が住んでいた家の近くには文士を紹介する案内板を設置しています。
文士らの旧邸跡を示す案内版や記念館を辿り、文士の生活に思いを馳せて歩いてください。
アクセス
都営浅草線西馬込駅、JR京浜東北線大森駅周辺
文士村まち歩き馬込文士村レリーフ馬込文士村レリーフ馬込文士村レリーフ馬込文士村レリーフ

郷土博物館

大田区の資料や文化財を展示している博物館。
考古、歴史、民俗資料などさまざまな分野の展示が見られます。
馬込文士村の資料も多数揃っており、作家活動などを学ぶことができます。
住所
南馬込五丁目11番13号
アクセス
都営浅草線西馬込駅徒歩約8分、JR京浜東北線大森駅山王口から東急バス「荏原町駅入口」行きで「万福寺前」バス停徒歩約2分
電話
03-3777-1070
開館時間
午前9時から午後5時
休館日
月曜日(祝日は開館)、年末年始、展示替えなどの臨時休館日
入館料
無料
郷土博物館

熊谷恒子記念館

美智子皇后陛下にご進講されたことでも知られる現代女流かな書道家・熊谷恒子の旧居を改修し、作品を展示。
作品約170点や、書道関係の書籍を所蔵しています。
住所
南馬込四丁目5番15号
アクセス
都営浅草線西馬込駅徒歩約10分、JR京浜東北線大森駅山王口から東急バス「荏原町駅入口」行きで「万福寺前」バス停徒歩約5分
電話
03-3773-0123
開館時間
午前9時から午後4時(入館は午後4時まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替えなどの臨時休館日
入館料
大人(16歳以上)100円、小人(6歳以上)50円。65歳以上と5歳以下は無料。
熊谷恒子記念館

尾﨑士郎記念館

馬込文士村の中心的人物で、生涯の大部分を大田区で過ごした尾﨑士郎の、最晩年に建てられた旧居の書庫、客間、書斎を再現しています。
アクセス
JR京浜東北線大森駅徒歩約10分、JR京浜東北線大森駅または都営浅草線馬込駅から東急バス「山王二丁目」バス停徒歩約3分
電話
03-3772-0680(大田区立龍子記念館)
開館時間
午前9時から午後4時30分
建物内にはお入りいただけません。庭側から展示を御覧いただけます。庭にはベンチとトイレがあります。
休館日
年末年始、臨時休館日
入館料
無料
尾﨑士郎記念館

山王草堂記念館

日本最初の総合雑誌「国民之友」の創刊者として知られる徳富蘇峰の旧居が一部保存され、手書き原稿など貴重な資料が見られます。
また、記念館がある蘇峰公園では美しい紅葉も楽しめます。
住所
山王一丁目41番21号 蘇峰公園内
アクセス
JR京浜東北線大森駅徒歩約15分、JR京浜東北線大森駅西口または都営浅草線馬込駅から東急バス「馬込銀座」バス停徒歩約5分
電話
03-3778-1039
開館時間
午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
年末年始、臨時休館日
入館料
無料
山王草堂記念館

龍子記念館

豪放な筆致と表現方法で、日本画に新風を吹き込んだ画家・川端龍子の作品や画材などを展示した、芸術性豊かな記念館です。
アクセス
JR京浜東北線大森駅山王口から東急バス「荏原町駅入口」行きで「臼田坂下」バス停徒歩約2分、都営浅草線西馬込駅徒歩15分
電話
03-3772-0680
開館時間
午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替えなどの臨時休館日
入館料
大人(16歳以上)200円、小人(6歳以上)100円、65歳以上と5歳以下は無料
(団体20名以上 大人160円、小人80円。特別展はその都度定める)
龍子記念館
【おすすめ】
博物館
洗足池公園(桜)
馬池洗(まいせん)
古くから景勝の地として人々に親しまれてきた、馬込、池上、洗足池地域。頭文字をとってこのエリアを「馬池洗(まいせ…
池上本門寺桜
お花見スポット
大田区内には、身近な場所に数多くの桜スポットがあります。 お花見シーズンは満開の桜を各所でお楽しみ下さい。
【関連記事】
(終了)青龍社創立90年特別展「龍子と同時代の画家たち」(10/26(土)〜12/1(日)開催)
大田区立龍子記念館にて、日本画家・川端龍子と同時代に活躍した日本画家たちの作品展を開催中です。本展は、川端龍子…
(終了)馬込文士村演劇祭リーディング公演&トークイベント(11/20(水)開催)
11/10(日)まで申込延長中!かつて、山王・馬込エリアに存在した「馬込文士村」。尾崎士郎を中心に、宇野千代、…
#大田区盛れてる?モリモリフォトキャンペーン開催します!!
 「大田区」と言えば、何を頭に思い浮かべますか?羽田空港、町工場、羽根つき餃子、黒湯・・・。そう!大…
子ども流鏑馬(六郷神社)
子ども流鏑馬(六郷神社)
六郷神社の流鏑馬は、毎年1月7日に、男子の開運・健康・出世を祈る神事として行われてきました。一般的に、馬に乗っ…
六郷橋緑地堤防桜並木
多摩川(緑地)
大田区と神奈川県の境を流れる多摩川は、自然が豊かな多くの野鳥や草花が見られます。桜の名所も多く、橋や水門など水…
池上梅園
池上梅園
池上梅園には、かつて、大正、昭和時代に活躍した日本画家の伊東深水が住んでいました。画室は、戦争で消滅してしまい…