六郷エリア蒲田エリア食べる

予算1,000円前後! 安くてウマい大田区B級グルメを食べ尽くせ!

 

安くてウマい!は庶民の味方。そんなB級グルメの原点が息付く大田区ならではの地元住民から愛される1,000円前後で楽しめるB級グルメ店を今回は特集します!味もボリュームも満点の極上とんかつから、昔から親しまれている老舗カレー店の人気メニュー、手作りにこだわったケバブと、地元に根付いたグルメの魅力をご紹介します。

【まるやま食堂】(蒲田)

味もボリュームも極上!でも値段は大衆食堂並み
「まるとくロースかつ定食」1,000円也!(ランチ限定価格)


庶民的なお値段で一流のとんかつを提供してくれるお店がひしめき合う“とんかつ激戦区”蒲田。
そんな中、リーズナブルなのに、味も一流、ボリュームも満点なとんかつを提供してくれるのがこちらの【まるやま食堂】。なんとあの有名ブランドポーク「林SPF」を使ったロースとんかつが、ランチ時間のみ1,000円で食べられるのです!


「まるとくロースかつ定食」は贅沢に180gのロースを使用。ジューシーで柔らかい林SPFポークはお肉を叩く必要がなく、脂身部分のみを軽く叩いて処理するだけなので分厚い身を存分に楽しめます。こだわりのパン粉を使ってサクサクに揚げられたとんかつは、ほんのりレア感を残す程度の揚げ加減。ジューシーなお肉の甘みと旨味をたっぷりと味わえます。


まるやま食堂の食卓には3種類のミネラルたっぷり天然塩が用意されています。ほんのりの酸味が特徴の「イタリアのシチリア塩」、独特のコクがクセになる「ヒマラヤ岩塩黒塩」、爽やかな塩気が特徴の「岩塩ピンクソルト」のお好みで選べる3種類。これがまた良いんです! お肉本来の旨味と甘みを楽しめるうえに後味もさっぱり。ボリューム満点のとんかつでもペロリと平らげることができちゃいます。ぜひオススメですよ!


他にも注目メニューが盛りだくさん! 例えばロース以上に厚みのある柔らかお肉が楽しめるヒレとんかつ定食(1,300円/写真左)。そして1本1,000円のえびフライ(写真右下)はきっとその巨大さに驚きを隠せないはず!
ちなみにこちらのえびフライ、取材中、横に座っていた常連さんから「ここを紹介してくれるんならこれも食べてってよ!」と奢っていただいた一品(笑)。そんな気持ちのイイ常連さんが集まっているあたり、いかにまるやま食堂が地域のみなさんに愛されているかわかりますよね。
おかみさんの丸山久美子さん(写真右上)と息子さんご夫婦が中心となって営んでいるまるやま食堂。ランチは混み合うのでお早めに来訪することをおすすめします!

まるやま食堂
住所
大田区蒲田5-2-7渡辺ビル 1F
営業時間
[平日]11:00~21:00(15:00〜16:00休憩)
[第2、4土曜・祝日] 11:00~15:00
定休日
日曜・第1、3土曜

【蒲田 松家カレー】(蒲田)

蒲田生まれ蒲田育ちの伝統の手作りカレー!「牛ハラミ焼きカレー」1,020円也!


蒲田でカレーといえばココ!というほどカレーファン、B級グルメファンの間では知られた存在なのが【松家カレー】。元々は昭和37年に蒲田で創業した「松カレー」というお店でした。この松屋カレーは平成5年に閉店したのですが、その後を継ぐように同じ蒲田で復活したのがこの「松カレー」。現在に至るまで長く愛されているお店です。

この松家カレーの特徴としては、まず創業以来変わらないレシピで作られるカレールーが挙げられます。実はこのルーだけは、今でも松屋カレーの店主だった初代が自身で調理したものを使っているそう。つまり屋号こそ違えど「松屋カレー」と「松家カレー」は実質同じカレーと言っても過言ではありません。


昔懐かしいカレーライスのイメージそのままの小麦粉の香ばしい香りに加え、香辛料をふんだんに使用しピリッとスパイシーに仕上げた、毎日食べても飽きのこない味は松家カレーならでは! お米もこだわりのブランド米を使用し、カレーに合うようにちょっと固めにした炊き加減もいいです。
 
そしてもう一つの人気の秘密がトッピング。メニューを見るとまずその種類の豊富さに驚くと思いますが、なかでも松家ならではと言えるのが“焼きモノ”メニュー。チキンソテーから始まり豚塩焼きに牛ステーキ、目玉焼きとバラエティ豊か。焼き加減が大事な焼きモノメニューというのはごまかしが効かないので、それこそがちゃんとお店で手作りしている証拠なのだそうです。今回はそのなかでも1,020円で食べられるメニューとして人気の「牛ハラミ焼きカレー」をご紹介しましょう。


ハラミは生のものをオーダーが入ってから焼き始めます。塩胡椒を軽く振って適度に焼き色がついたら出来上がり。


見るからにジューシーな正真正銘の焼きたてハラミがドカンとトッピングされてこれで1,020円! 焼き加減も絶妙だしカレーとの相性も抜群! こればっかり頼む常連さんもいらっしゃるそうですが、それも納得。
ちなみにカレーには欠かせない福神漬けは、上野の老舗にして元祖と言われる「酒悦」の福神漬けを創業当時から変わらず使っているそうです。そんなところもこだわりですね。


 「昔から変わらないカレールーに、一品一品手作りで調理するトッピング。どこにでもあるチェーン店では出せない魅力を今後も守っていけたら。あ、そうそう、待ち時間に読んで頂けるようにと揃えたマンガ単行本も一つのこだわりなんです。常に最新の話題作を全巻揃えるようにしていますし、飲食店という性質上、古くなったら新しくしています。『ONE PIECE』なんて今までに何度入れ替えたか覚えてないですね(笑)」(店長の千垣内さん、写真右下)
 
そのメニューの豊富さはもちろん、辛さ調節や大盛り無料、様々な学割サービスなど、自分好みにアレンジできるシステムも嬉しい松家のカレー。一度食べたらやみつきになること請け合いです!

蒲田 松家カレー
住所
東京都大田区西蒲田7-5-4
電話番号
03-3737-3141
営業時間
11:00~24:00
定休日
年中無休

【ケバブ屋さんKOLBE】(雑色)

仕込みから手作りだから肉の旨味がたっぷり!
「ケバブライス」500円也!


ここ日本でもトルコ料理の一つである“ドネルケバブ”がファストフードとして一般的に認知されるようになった昨今。今回ご紹介する【ケバブ屋さんKOLBE】は、ケバブの主役「肉」に徹底的にこだわったお店です。
※記事内の価格は全て2019年9月(取材時)の価格です。


KOLBEのこだわりその①は、肉を自家製で漬け込むこと。実はケバブのお肉って仕込みが肝。その店の味を決定づける特製スパイスにお肉を前日から漬け込み、あの特徴的な円柱形に成形するのですが、この仕込みにとっても時間と手間が掛かるのです。
こだわりその②は、あえて肉はチキンのみの一種類で勝負している点。日本人の味覚にマッチしつつもケバブらしさが出せるチキンがベストだと判断したそうです。


ちなみにKOLBEのケバブメニューはサンド、ロール、ライス、カップの4種類。特に意外だったのが今回ご紹介しているライス。実はケバブってお米との相性もいいんですよね! 各種トッピングも充実しているので自分なりの味を見つける楽しさが満載。


ちなみにイートインスペースもあるKOLBEにはちょっと立ち寄ってつまめるメニューも揃っています。店主のメヘディさん(写真右上)がイラン出身のため、イラン料理の定番クビデ(写真右下の奥側串)やジュジェ(写真右下の手前側串)など、ビールにとっても合いそうな一品料理も自慢。ビール片手に一杯やりたくなるようなメニューがたまりませんね。

KOLBEという言葉はペルシャ語で“山小屋”を意味しているんだそう。昨今増えつつあるケバブ屋さんの中でも断然お勧めしたいお店です。

ケバブ屋さんKOLBE
住所
東京都大田区仲六郷2―21−9
営業時間
11:00~14:00 16:00〜22:00
【おすすめ】
知るひとぞ知る⁉️ 大田区のユニークなお店を探訪しよう!
【関連記事】
#大田区盛れてる?モリモリフォトキャンペーン開催します!!
 「大田区」と言えば、何を頭に思い浮かべますか?羽田空港、町工場、羽根つき餃子、黒湯・・・。そう!大…
知るひとぞ知る⁉️ 大田区のユニークなお店を探訪しよう!
“真”らーめんドコロ大田区のエリア別『間違いないお店』(第4回・大岡山・池上)
“真”らーめんドコロ大田区のエリア別『間違いないお店』(第3回・雪が谷大塚・矢口渡)
“真”らーめんドコロ大田区のエリア別『間違いないお店』(第2回・蒲田エリア)
“真” らーめんドコロ大田区の エリア別『間違いないお店』(第1回・蒲田エリア)