六郷エリア大森・山王エリア食べる

【特集】大田区テイクアウトグルメ・コレクション- 第1 回

ますます人気が高まるテイクアウトグルメ。大田区内では、本格グルメをテイクアウトできるお店がたくさんあるって知ってましたか?自宅で味わってもよし、手みやげにしてもよし、インパクト大のグルメをコレクションしてみました。

※掲載している情報や価格は、取材時のものです。テイクアウトメニューについては、諸事情により変更される場合がありますので、ご了承ください。

江戸前穴子入りの豪華な天丼が、テイクアウトOK!

天冨久(てんふく)

昼メニューの『江戸前穴子入り天丼』(1,700円税込)

JR 大森駅から徒歩5分。地元で愛されている天ぷらの老舗「天冨久」があります。創業以来60余年、江戸前の素材を使う天ぷらにこだわり、現在の御主人は2代目。昼メニューの天丼は、ボリュームたっぷりでリーズナブルとあって、行列ができるほど人気です。一番人気の『天丼』(1,300円税込)や『海老天丼』(1,300円税込)がありますが、何といってもお値打ちなのが『江戸前穴子入り天丼』(1,700円税込)。今ではとても貴重な、東京湾で獲れた江戸前の穴子が丸々1匹使われています。江戸前穴子は、身が柔らかく、冷めてもおいしいのが特徴だそう。



以前は店内でしか食べられませんでしたが、これらの天丼をテイクアウトできるようになりました。揚げたての天丼を家で食べられるなんて、何という贅沢!

お持ち帰り用『江戸前穴子入り天丼』(1,700円税込)。
具材は、江戸前穴子のほか、海老、鶏肉、ナス、ピーマン、半熟玉子など。容器からはみ出すほどのボリューム!





また、本格的な天ぷらをじっくり店内で味わいたいときには、夜の利用もおすすめです。夜は、コース料理が中心となり、天ぷらのコースは5,000円(税抜)、天ぷらとお料理のコースは7,000円(税抜)~。1階のカウンター席のほか、2階にはテーブル席があり、貸切で会食等にも利用できます。また、新型コロナウイルス感染症対策として、入店時に検温とアルコール除菌、席の間隔を空ける、席の消毒、スタッフのマスク着用などを行なっています。
天ぷら専門店といえば敷居が高い店が多い中、【天冨久】は家族連れや友人同士で気軽に立ち寄れる雰囲気なのが、地元で長年親しまれてきた理由。熟練の技でカラッと揚がった上質な天ぷらを、店内はもちろん、テイクアウトでも味わえるのは、うれしいですね!

※天丼のお持ち帰りは、昼・夜とも要予約で、昼と夜で値段が変わります。

夜のコースの料理例

「江戸前の天ぷらを味わいにいらしてください」と、2代目店主の村口さん



天冨久
住所
大田区大森北1-26-2
電話
03-3766-1029
営業時間
11:00~14:00、18:00~23:00
定休日
月曜日
※記事内の価格は全て2020年10月(取材時)の価格です。

しじみの旨味全開のスープが絶品!!
スープ&麺をテイクアウトすれば、自宅で再現できます!

宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀(こはく)

宍道湖しじみ中華蕎麦〈塩〉(850円税込) しじみのスープと塩ベースのタレを合わせた、上品で繊細な味わいのスープ。麺は、中細のストレート麺。トッピングは、自家製チャーシュー、メンマ、紫玉ネギ、芽ネギ。

京急線雑色駅から雑色商店街を通り抜けると、JR線の踏切の向こう側に小さなラーメン店が見えてきます。地元で生まれ育ったご主人が、ラーメン修業の末にたどりついたのが、しじみの旨味を活かしたスープ。2019年のオープン以来、そのおいしさから人気が広まり、あっという間に行列の絶えないラーメン店に。「東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー2019 TRY新人大賞」を受賞した注目店です。
店内に入ったら券売機でチケットを購入。その前に消毒用のアルコールが用意されているので、手指の消毒をお忘れなく。もちろん、お客様が入れ替わる際には、スタッフが念入りに席やテーブルの消毒を行なっています。






スープの具材であるしじみは、島根県の名産地・宍道湖から毎朝獲れたてが直送されます。繊細な旨味のしじみのスープに合わせた麺は、地元製麺所のものから厳選した細麺。塩か醤油を選べますが、初めて食べるなら塩がおすすめ。運ばれてきたスタイリッシュな丼から、まずは澄んだスープをひと口。すると、しじみのやさしい旨味が口の中にふわっと広がります。ほとんどの客がスープを飲み干していくというのも納得!紫玉ネギのシャキシャキした食感と辛みも程よいアクセントに。もちろん、チャーシューも自家製です。醤油味の方は細麺か手もみ麺を選べますが、常連さんは、醤油味の手もみ麺を選び、さらに『吊るし焼きバラ丼』(380円税込)も追加する人が多いようです。



自宅で食べたい、家族に食べさせたい、行列に並べないなどという人のために、『おみやげ用ラーメンセット』(塩・醤油 各1人前800円税込)が用意されています。麺とスープだけなので、トッピングはお好みの具を用意しましょう。作り方マニュアルが付いているので安心。スープは冷凍なので、沸騰させたお湯の中に袋のまま入れて中火で7分。麺は細麺なので、茹で過ぎに注意(強火で1分10秒)してくださいね!


『おみやげ用ラーメンセット』に付いてくる、名刺大サイズの作り方マニュアル


「営業時間内にスタッフに言ってもらえれば、並ばずに買っていただけます。お好みのトッピングをのせて楽しんでください。ただ、海苔は香りが強いので避けたほうがいいかもしれません」とご主人の岩田さん。
ラーメン界で注目される新感覚のしじみラーメンを、ぜひご家庭で味わってみてはいかがでしょうか?



宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀
住所
大田区西六郷2-1-3
電話
03-6690-0893
営業時間
11:30~14:30(LO)、18:00~21:00(LO)
定休日
土曜日、日曜日、祝日
※記事内の価格は全て2020年10月(取材時)の価格です。
【おすすめ】
【特集】大田区テイクアウトグルメ・コレクション- 第2 回
テイクアウトグルメ・コレクションの第2回。大田区内で本格グルメをテイクアウトできるお店の中から、今回はおしゃれ…
【関連記事】
【特集】話題のフルーツサンドをご紹介!大田区の注目の2店
 フルーツの艶やかで美しい断面が写真映えすることから、“萌え断”スイーツとしてSNSを中心に注目を集…
【特集】地元で選んで、間違いなし!お土産選びは“大田のお土産100選”で
お土産選びは楽しい反面、「喜んでくれるかな?」と頭を悩ませる人も多いはず。そんなお土産選びの悩みを解決してくれ…
【特集】海苔のふるさと大田区 今も受け継がれる海苔の歴史
大田区では、昭和初期まで海苔生産全国一を誇った大田区大森の地元の味を広く知ってもらうため、令和元年度から、大森…
【特集】新生活の季節到来! 暮らしに寄り添う商店街を活用しよう
実は大田区は商店街の数が都内1位(140カ所、2021年3月時点)ってご存知でしたか?大田区には“暮らしに寄り…
【特集】日本のスーパーフード!大森の老舗に聞く“海苔あれこれ”
日本の食卓に欠かせない「海苔」。実はたんぱく質やカルシウム、ビタミン群など多くの栄養素がバランス良く含まれてい…
【特集】今日はこのお店!こんなときに選びたいスイーツ3選
地元密着型のスイーツ店が充実している大田区。そんな、日常的に通いたい、地元に密着したお店だからこそ、暮らしのシ…