大森・山王エリア大田区で楽しむ池上エリア食べる

【特集】今日はこのお店!こんなときに選びたいスイーツ3選

地元密着型のスイーツ店が充実している大田区。そんな、日常的に通いたい、地元に密着したお店だからこそ、暮らしのシーンに合わせたスイーツが充実しているのです!

日常に彩りを添えてくれる『こんなときに選びたい!』スイーツをご紹介します!

※掲載している情報や価格は取材時のものです。

自分へのご褒美にオススメ!
【ル・ガリュウM】の『いちごのモンブラン』

ル・ガリュウM



2005年に山王にオープンした【ル・ガリュウM】は、フランスの名店トロワグロ新宿店舗にて10年間シェフパティシエを務めた丸山正勝さんのお店。
パリでも3年間の修行経験を持つ丸山さんがテーマとして掲げる「モダン&アンティーク」の言葉通り、日常の贅沢を演出してくれるお店なのです。



そんな【ル・ガリュウM】が“自分へのちょっとしたご褒美”としてオススメしてくれるのがこちらの『いちごのモンブラン(562円税込)』。
季節感を感じさせる素材にこだわっているという【ル・ガリュウM】のこだわりが十二分に反映された、旬のいちごをたっぷり使用したクリーム。その中にはココナッツやアーモンドを使った香ばしい生地に爽やかな酸味を加味してくれるいちごのソースが盛り込まれています。



食べてみるとこれが新食感!ふわふわしっとりのクリームの食感がとにかく癖になります!



せっかくなのでもう一つ、【ル・ガリュウM】の焼き菓子人気ナンバーワンの『山王メープル(335円税込)』もご紹介。
こちらはほのかなメープルの甘さとグルノーブル産のクルミを贅沢に使った一品。焼き菓子とは思えないしっとり感でお土産としても最適なスイーツです。



新型コロナウイルス感染症対策は、店頭にアルコール消毒液、売り場にビニールカーテン設置の他、店内の人数制限(4名まで)、従業員のマスク着用などを徹底しています。2Fはカフェスペースになっていますが、現在は休業中とのことです。

贅沢なひと時を味わえる地元密着型の【ル・ガリュウM】。気軽に本場の味が楽しめるのでとってもオススメです!

ル・ガリュウM
住所
大田区山王1-32-6
電話番号
03-3774-3164
営業時間
1F Shop 10:00~18:00
2F Cafe 11:00~17:00(L.O.)
※Cafeスペースは2021年1月現在休業中
定休日
火曜日、水曜日(変動あり)
※記事内の価格は全て2021年1月(取材時)の価格です。

旬のイベントにぴったりのケーキならココ!
【パティスリーコリウール】の『イベントスイーツ』

パティスリーコリウール



バレンタイン、クリスマス、お正月…など、四季折々のイベントに華を添えてくれるスイーツをお探しならこちらの【パティスリーコリウール】がオススメ!

「お客様に楽しんでほしい!」という想いからイベントごとにオリジナルケーキをラインアップするという同店。例えば2月であればバレンタイン!ということで期間限定で販売されていたのがこちらの『バレンタインハート(650円税込)』



陶器カップにチョコ生クリーム、カスタードクリームをぎっしりと盛り込み、今が旬のいちごをトッピング。見て嬉しい、食べて美味しいバレンタイン感あふれる一品です。



バレンタイン以外でもお正月用ケーキ、恵方巻に見立てた恵方ロール、ハロウィン限定ケーキやクリスマスケーキといった四季折々のイベントに合わせた期間限定商品も販売しています。もちろんバースデーケーキや各種お祝い用も対応していますよ!



また【パティスリーコリウール】では一口大のチョコレートにも力を入れています。カフェ(写真下)しょうが(写真左中)抹茶(写真右中)ラズベリー(写真上)など14種類ものオリジナルテイストをラインアップ。ちょっとしたお土産にいいですよね。



新型コロナウイルス感染症対策は、店頭にアルコール消毒液、売り場にビニールカーテンの設置の他、スタッフのマスク着用、店内の人数制限(6名まで)やお客様へのマスク着用のお願いを実施しています。



「コリウールとは南仏にある街。フランス修行中に訪れた際、そのカラフルで明るい街並みと陽気で暖かい人々に魅了されたので、自分の店もお客様にとってそんな存在であれたら、と名付けました。全てのケーキを自分でデザインしているので、特に期間限定のイベント用商品は大変です。これからもお客様の喜ぶ顔が見えるケーキ作りを続けていきたいですね(オーナーパティシエ森下令治さん)」

一年を通してお客様に楽しんでもらいたい、そんな想いを持った【パティスリーコリウール】だからこそ地元の皆さんに愛されているんですね。


パティスリーコリウール
住所
大田区下丸子1-5-1
電話番号
03-3750-0212
営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日
※記事内の価格は全て2021年1月(取材時)の価格です。

いつもとちょっと違う個性的なお土産なら?
【ごまのお店いい友】の『ごまおはぎ』

ごまのお店いい友 東京本店



最近ヘルシーな和菓子が再注目されていますが、更なる健康志向が高まっています。そんな時流に乗って健康食品である「ごま」をふんだんに使った和菓子をご紹介。

こちらの【ごまのお店いい友】は全国でも数少ないごまの専門店。様々なごま製品を自社製造販売していて、いくつかお菓子もラインアップされています。中でも一番人気なのが池上にある東京本店でのみ扱っているという『ごまおはぎ(540円税込)』です。



こちらの『ごまおはぎ』は、芳醇な香りのごまをふんだんに使用しています。甘さ控えめのあんの旨味ともちもち食感のもち米を香ばしいたっぷりのごまで包み込んだ、とっても上品でオトナな一品。
一口頂いてみると、芳醇なごまの香りにまず驚かされます。金ごまは香ばしい香りが楽しめ、一方黒ごまはより深いコクのある味わいが楽しめます。毎日夕方には売り切れてしまうという人気も納得です!



それぞれ金ごま×つぶあん、黒ごま×こしあん、という組み合わせが一本で楽しめるようになっているのも嬉しいです。
ちょっとしたお土産や差し入れで「ちょっと違った感じないかな」なんて探してる方にも、うってつけ!老若男女に喜ばれそうですよね。



その他にも黒ごまをふんだんに使った『胡麻羊羹(1,512円税込、写真左下枠)』も人気商品。持ってみると普通の羊羹よりもずっしりと感じるのがたっぷりとごまを使っている証。胡麻の深いコクと上品な甘さが楽しめる一品です。

新型コロナウイルス感染症対策は、店頭にアルコール消毒液、売り場にビニールカーテンの設置の他、スタッフのマスク着用、お客様へのマスク着用のお願いを実施しています。

「『健康を食べましょう!』を合言葉に創業から31年、オリジナルのごま製品を世に送り出してきました。このごまおはぎにも25年近くの歴史があります。ぜひ一度お試しくださいね!」(代表・田代静子さん、写真中央)
美味しくて身体にも良い、いいとこ取りのごまスイーツ。お友達へのお土産にいかがでしょうか。


ごまのお店いい友 東京本店
住所
大田区池上4-18-1
電話番号
03-3752-0141
営業時間
10:00~18:00
定休日
年中無休
※記事内の価格は全て2021年1月(取材時)の価格です。
【関連記事】
【特集】地元で選んで、間違いなし!お土産選びは“大田のお土産100選”で
お土産選びは楽しい反面、「喜んでくれるかな?」と頭を悩ませる人も多いはず。そんなお土産選びの悩みを解決してくれ…
【特集】海苔のふるさと大田区 今も受け継がれる海苔の歴史
大田区では、昭和初期まで海苔生産全国一を誇った大田区大森の地元の味を広く知ってもらうため、令和元年度から、大森…
【特集】新生活の季節到来! 暮らしに寄り添う商店街を活用しよう
実は大田区は商店街の数が都内1位(140カ所、2021年3月時点)ってご存知でしたか?大田区には“暮らしに寄り…
【特集】日本のスーパーフード!大森の老舗に聞く“海苔あれこれ”
日本の食卓に欠かせない「海苔」。実はたんぱく質やカルシウム、ビタミン群など多くの栄養素がバランス良く含まれてい…
【特集】大田区テイクアウトグルメ・コレクション- 第2 回
テイクアウトグルメ・コレクションの第2回。大田区内で本格グルメをテイクアウトできるお店の中から、今回はおしゃれ…
【特集】大田区テイクアウトグルメ・コレクション- 第1 回
ますます人気が高まるテイクアウトグルメ。大田区内では、本格グルメをテイクアウトできるお店がたくさんあるって知っ…