体験健康・スポーツ大森・山王エリア湾岸エリア自然蒲田エリア見る

気軽に!手軽に!「新スポーツ健康ゾーン」でスポーツを楽しもう!

大森ふるさとの浜辺公園を中心とした、大森スポーツセンター、大田スタジアム、森ケ崎公園、大田区総合体育館に囲まれたエリアを「新スポーツ健康ゾーン」と呼んでいるのをご存知でしたか?

多くのスポーツ施設や公園が集まっている、この新スポーツ健康ゾーンには、スポーツ教室やビーチヨガ体験会など、だれもが気軽に体験できる「する」スポーツから、プロスポーツや高校野球大会などが観戦できる「みる」スポーツまで、幅広くスポーツを楽しむことができます。

今回はこの新スポーツ健康ゾーンにある施設の中から、「する」スポーツと「みる」スポーツの2つの視点でおすすめの施設をそれぞれご紹介します。

 

「する」スポーツ
ランナーの強い味方ランニングステーションもOPEN!
大森スポーツセンター



376席の観覧席があるアリーナや多目的に使用できる健康体育室などがある屋内スポーツ施設です。最寄りの京急線平和島駅から徒歩5分とアクセスも良好。区民の身近な施設として、幅広い世代がスポーツに親しんでいます。
そんな大森スポーツセンターに、2020年9月27日にランニングステーションがオープンしました。
ロッカーや更衣室、シャワー室など、ランナーにとって嬉しい設備が利用できます。事前申込不要で、15歳以上の方はどなたでもご利用可能。お子様も保護者の同伴があれば、利用できます。利用日当日に、受付までお声がけください。お仕事帰りなどに気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ロッカーは100円リターン式です。

ランニングに関する様々な情報を掲載しています。

このランニングステーションを起点としたランニングコースもあります。大森ふるさとの浜辺公園で折り返す3kmコースと、貴船堀緑地で折り返す5kmコースです。どちらもアップダウンが少なく、公園の季節の移ろいや爽やかな海風を感じながら走ることができます。

コースについて、詳しくはこちら


四季の自然や、海の香りを楽しみながら走ることができる贅沢で美しいコースです。

3km折り返し地点

コース上には、スタート地点や中間地点にキロ数が分かる表示があります。

また、スポーツセンター内のトレーニングルームの利用もおすすめ。トレーニングの方法を案内してくれるトレーナーがいるので、ランニングと併せて適切なトレーニングを行うことで運動パフォーマンスの向上が見込めます。ぜひご利用ください!
(※2021年10月現在、トレーニングルームは事前予約制(定員数あり))

施設名
大森スポーツセンター
住所
大田区大森本町2-2-5
電話
03-5763-1311
利用時間
9:00~21:00
※ランニングステーションは20:00(最終受付18:00)まで
利用料金
更衣室/無料、ロッカー/100円リターン式、温水シャワー/5分100円
休館日
年末年始(12/29〜1/3)、その他設備点検実施日、全館貸切時
※上記の情報は2021年10月11日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で変更する場合がありますので、必ず事前にホームページか電話にてご確認ください。

「する」スポーツ
ビーチスポーツに挑戦しよう!
大森ふるさとの浜辺公園・大森東水辺スポーツ広場


大森海岸を再現した浜辺では磯遊びも楽しめます。

前長30mのローラースライダーは子どもに大人気

かつての大森海岸を再現した砂浜や干潟のある、海沿いの自然を感じられる公園です。敷地内には、ビーチバレー場やフットサル場、コインロッカーやシャワー室を完備したレストハウスなど、さまざまなスポーツを楽しむための施設が揃っています。


ビーチバレー場 メインコート

フットサル場


シャワー施設もあるレストハウス

レストハウス内の様子

また、公園内のビーチエリアでは、初心者の方でも気軽に参加できるイベントが随時開催されています。

ビーチヨガ体験会


モーニングヨガ

サンセットヨガ

ビーチヨガ体験会は、海を目の前に綺麗な砂浜にて行います。モーニングヨガは朝の太陽を浴びながら、サンセットヨガは夕日を浴びながら気持ちよく体を動かすことができます。予約は不要で、ヨガマットの貸し出しもしているので、当日現地に行けばどなたでも参加できます。日本SUPヨガ協会公認のインストラクターが指導してくれるので初心者の方でも安心。潮風に吹かれ、穏やかな日の光を感じながら心身をリセットしましょう。

開催予定など、詳しくはこちら

ビーチバレー場 無料開放DAY



ベトナムのダナンから運ばれたサラサラの砂を使ったビーチバレー場では、メインコートの無料開放DAYを設けています。予約不要で、当日、現地にて受付を行います。ビーチテニスやビーチバレーの用具も貸し出しているので、手ぶらで行って楽しむことができます。さらに、小中学生や親子を対象にしたビーチスポーツのレクチャーなどさまざまなメニューがあるので、子どもから大人まで楽しめます。

開催予定など、詳しくはこちら
施設名
大森ふるさとの浜辺公園・大森東水辺スポーツ広場
住所
大田区平和の森公園2-2、ふるさとの浜辺公園1-1 ほか
電話
03-3768-6204(大森ふるさとの浜辺公園事務所)
※上記の情報は2021年10月11日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で変更する場合がありますので、必ず事前にホームページか電話にてご確認ください。

「みる」スポーツ
プロ・トップレベルの試合が観戦できる!
大田区総合体育館

メインアリーナの観客席数4,000以上という規模で、車いす席・優先トイレ・キッズルーム等、ユニバーサルデザインにも配慮した施設です。特筆すべきは、BリーグやVリーグのチームのホームゲーム、多数のプロレス興行のほか、ボクシング世界タイトル戦などのビックマッチが開催されていること。プロ・トップレベルの試合を観戦できるチャンスをお見逃しなく!

主に開催される大会
バスケットボール
B2リーグ所属・アースフレンズ東京Z、Wリーグ所属・東京羽田ヴィッキーズのホームゲーム 
バレーボール
Vリーグ所属・サントリーサンバーズ、
同・NECレッドロケッツのホームゲーム
Wリーグ・Vリーグについては、ホームゲームだけでなく、ファイナルやセミファイナル戦が開催された実績もあります。

住所
大田区東蒲田1-11-1
電話
03- 5480-6688
※上記の情報は2021年10月11日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で変更する場合がありますので、必ず事前にホームページか電話にてご確認ください。

「みる」スポーツ
幅広い大会を開催する本格派スタジアム
大田スタジアム

2019年7月にリニューアルオープンした大田スタジアムは、都内では数少ない全面人工芝の野球場です。少年野球の全国大会から、ハイレベルな社会人野球、女子ソフトボールリーグまで、様々な大会が開催されます!
大学・社会人野球の大会ではプロ野球ドラフト会議で指名される注目選手も数多く出場、迫力あるプレーを見ることができます。観客席は3,223席。授乳室、おむつ替えスペース、優先トイレ、車椅子席などユニバーサルデザインも充実しているので、ご家族、ご友人と安心に楽しく観戦できます!

開催される主な大会
・日本少年野球春季全国大会(アマ)
・全国高等学校野球選手権大会東東京大会(アマ)
・都市対抗野球大会東京都二次予選(アマ) 
・大学野球リーグ戦(首都、東都、新大学)(アマ)
・日本女子ソフトボールリーグ一部(プロ)

住所
大田区東海1-2-10
電話
03-3799-5820
※上記の情報は2021年10月11日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で変更する場合がありますので、必ず事前にホームページか電話にてご確認ください。


今回の「新スポーツ健康ゾーン」特集はいかがでしたか?
「こんな施設があるなんて知らなかった!」「ビーチヨガやってみたい!」という方も多いのでは?
ここでご紹介した施設以外にも、「新スポーツ健康ゾーン」では様々なスポーツを楽しむことができます!気軽に!手軽に!大田区でスポーツを楽しんでみませんか?

大田区のスポーツの取り組みや、スポーツに関する各種情報をもっと知りたい!という方は、こちらをご覧ください。
【関連記事】
大田区青少年交流センター“ゆいっつ”
※休館情報などの最新情報は下記記載のお問い合わせ先やHPでご確認ください。大田区青少年交流センター“ゆいっつ”…
【特集】女子プロバスケットボールチーム「東京羽田ヴィッキーズ」に直撃インタビュー(後編)
【特集】女子プロバスケットボールチーム「東京羽田ヴィッキーズ」に直撃インタビュー(前編)
みんなで「地域の花」を育てよう!18色の緑づくり
18色の緑づくりとは?大田区にある18の特別出張所の地区ごとに「地域の花」を選定し、地域のみなさんに育てていた…
大森スポーツセンターランニングステーション
※休館情報などの最新情報は下記記載のお問い合わせ先までご確認ください。2020年9月27日(日)、大森スポーツ…
旧六郷用水散策路
こちらの水車は、ジャバラ(足踏み水車)と呼ばれる揚水用水車の模型。東急多摩川線沼部駅から徒歩3分の「旧六郷用水…